「あとで読む」を劇的に読みやすくしてくれるアプリ『Pocket』

Pocket

「あとで読む」ものの95%は、あとで読まれない。

と、誰かが言ってた気がする。

たしかに、「あとで読む」って名前のフォルダを作って、そこに資料ぶちこんだり、「あとで読む」タグを付けてとりあえず保存するのって、すぐに実行できるし、どこか安心した気分になる。

でも、結局のところ「あとで読む」に入った情報は、山積みのようになり、よくある「積ん読(つんどく)」状態になるんだよね。

こんなふうになる理由の一つは、「あとで読みにくい」ってのがあると思うんです。

ぶちこんだはいいけど、整理も何もしてないから、そもそも参照もしにくいし、読む気が起きない。

そこで「あとで読む」やつらを、めちゃくちゃ読みやすくしてくれるのが、『Pocket』

ブラウザにプラグインを組み込んだら、ワンクリックでPocketに保存される。

保存したものはブラウザ、iPhone、iPad、Androidなどいろんなデバイスから見れるようになります。

Pocket

ほら、ちょっと読みたくならないですか?

こういうアプリみると、やっぱUIの大事さが身にしみますね。。。

ワンタップで既読に出来るのもいいね。

是非おためしを。

はてブしてるやつらをどうするかな〜。。。