恋人の写真を携帯の待ち受けにしてるようなヤツほど、仕事がデキる?

恋人 スマートフォン

そんなバカな!?

でも、こんな研究結果が出ているらしい。

カリフォルニア大学サンタバーバラ校の心理学者グラフトン博士らが、20歳前後の女性36名に、画面に表示された単語が英語かどうかをできるだけ早く見分けてもらうという実験を行った。

単語の表示時間は1000分の26秒。これはサブリミナル刺激のレベルで、本人には何も表示されたようには感じられない。

ただし、単語のが表示される直前に、その女性が恋している男性の名前を1000分の26秒表示する。やはり恋人の名前が表示されたことには気付かない。

にも拘らず、恋人の名前が表示されたときだけ、0.03秒ほど見分けるスピードが早くなるという結果が出た。

もちろん友人の名前なども表示させたが、その時は効果がなかった。

恋人の名前が表示された場合は、大脳皮質領域に加え、やる気やモチベーションに関する脳深部が活動するらしい。

(さらにまた別の実験では、モニターに「握れ」と表示が出たら、手元のグリップを握るというもので、サブリミナル映像で「ガンバレ」「ナイス」などの単語を表示させると、握る力が二倍に上昇したらしい。)

 

仕事の成果は本人のモチベーションに大きくかかっていたりするので、そのモチベーションを高く維持するためにも「恋人の魔力」は案外利用できるのかも。

 

 

まぁ。。。その前に「恋人を作る」という大きな壁があるんだけどね。